歯周病治療 | のくぼ太陽歯科医院

蓮田市 歯科医院

歯周病治療

口臭、歯ぐきのはれ・出血、歯がゆれる(動く)
このようなことでお悩みなら、それは歯周病かもしれません。


歯周病とは?

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石で繁殖した歯周病菌(バイ菌)の毒素が、
歯肉に炎症をひき起こし、さらに歯を支えている歯槽骨(アゴの骨)を溶かして、
最終的には歯が抜けてしまう怖い病気です。

しかも、30歳以上の成人が、歯を失った原因の92%がなんと歯周病なのです。
さらに、年齢が進むと歯を失う数が増え、55〜65歳の2人に1人が入れ歯
なっている現状もあります。

歯を失わないためには、歯周病の早期治療が非常に重要となります。

歯ぐきが赤くはれている・歯ぐきからよく血が出る・口臭が気になる・歯がぐらつく
もしも、このような症状がある方は、お早めに来院されることをおすすめします。


あなたの歯や歯ぐきはどのような状態ですか?

歯周病は、状態によって軽度・中等度・重度の3つに分かれます。

歯周病 歯肉炎軽度歯周病(歯肉炎)

歯にたまった歯垢(プラーク)や歯石に繁殖した細菌が、
歯ぐきに炎症を引き起こし、歯ぐきが赤くはれ上がり、
ぷよぷよした状態になります。

この状態では、歯みがきでよく出血を起こします。


中程度歯周病中程度歯周病(歯周炎・歯槽膿漏)

歯ぐきがさらにはれ上がり、繁殖した細菌の影響で、
口臭も気になりはじめます。 さらに、歯みがきのときの
出血に加え、膿が出ることもあります。

また、この頃から歯を支えている歯槽骨(アゴの骨)の
破壊が起こり、歯がぐらぐらと動きます


重度歯周病重度歯周病(歯周炎・歯槽膿漏)

歯ぐきのはれ・化膿に加え、歯槽骨の破壊が、
かなり進んだ状態。 ここまで進行すると、
支えを失った歯は大きく動き、抜けることもあります。

また、物をかむと痛みがあり、よくかめなくなります


※歯周ポケットについて

歯周ポケットテレビのCMなどで聞いたことがあるかもしれませんが、
歯周ポケットとは、歯と歯肉の間にできた隙間のことです。
歯周病では、この歯周ポケットの深さを、重症度の目安としています。

 2mmまで・・・・・健康
 3mm前後・・・・・軽度
 4〜5mm・・・・・中程度
 5mm以上・・・・・重度


歯周病治療のながれ

歯周病治療は、症状の進行度合いによって、治療法が大きく異なります。
例として、一般的な治療のながれを下に記しましたので、参考にしてください。


STEP 1:ご相談

歯周病についての質問、治療のご相談など、担当医師にご相談ください。

↓

STEP 2:応急処置

必要な場合に行います。歯肉がはれている場合、切開し膿を出します。また、かみ合わせが悪いと炎症がひどくなりますので、かみ合わせの調整も行います。

↓

STEP 3:プラーク・コントロール

歯みがきによる歯垢の除去方法(プラーク・コントロール)をご説明します。まずは、患者さんが行っているプラーク・コントロールの現状を教えていただきます。次に、口腔内の状況をチェックし、患者さんに合ったプラーク・コントロール法をご指導します。

↓

STEP 4:スケーリング

歯垢の次は歯石。歯肉のフチにある歯石を除去していきます。

↓
STEP 5:再評価検査

一通り歯石を取り終えたところで、歯肉がどの程度健康を取り戻しているか検査します。その結果が良好であれば、歯周病治療はメンテナンス(STEP9)へと移っていきます。

しかし、いままで治療で、予測した効果が得られなかった場合は、治療法を再検討していきます。プラーク・コントロールが出来ていない場合、歯石の取り残しがある場合は、先ほどのSTEP3と4へ戻ります。

また、歯肉フチの下にある歯石が原因で、炎症を起こしている場合は、SRPを行います。

↓
STEP 6:SRP(スケーリング・ルートプレーニングメンテナンス)

局所麻酔で、歯肉縁下の歯石を除去します。歯垢(プラーク)や歯石によって汚染されたセメント質を取り除き、歯の根っこの表面をキレイにしていきます。

↓
STEP 7:再評価検査

もう一度、再評価検査を行い、前回良好な結果が得られなかった部位の改善状況を確認します。予測した結果が得られないときは、歯周外科手術を行います。

↓
STEP 8:歯周外科手術

ここまでの治療で改善されなかった部位に対し、歯周外科手術を行います。
歯周外科手術では、外側から見えなかった病気の原因を、直接が目で確かめられるように、歯肉を切って歯槽骨からはがし、歯根の先端や、根と根の間にこびりついて取れなかった歯石を徹底的に取り除きます。

歯周外科手術には、この他にもさまざまな術式があり、症状に応じて使い分けられます。
しかし、最新の高度な治療法でも、手遅れの歯周病は治療できません。手遅れになる前に、早期の治療が重要となります。

↓
STEP 9:メンテナンス

治療後の状態を維持し、歯周病の再発を防ぐために、メンテナンスを行っていきます。
メンテナンスでは、毎日のホームケアと規則正しい生活。そして、歯科医院によるクリーニングや定期検診を行っていきます。


歯周病治療Q&A

Q、歯周病とはなんですか?

A、歯周病とは、歯の周辺で起きる病気のことです。歯周病は、大きく2つに分けて、歯肉炎と歯周炎があります。歯肉炎は、歯ぐきが炎症を起こしたもの、歯周炎は歯槽骨(歯を支えているアゴあごの骨)にまで炎症が達したものを言います。また、歯周炎は、歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれています。

Q、歯周病はどうして起きるのですか?

A、歯周病の原因は、ムシ歯と同じく歯垢(プラーク)や歯石です。歯垢や歯石の中にはムシ歯菌の他にも、さまざまな細菌が繁殖しています。そして、その細菌のひとつである歯周病菌が、歯周病を引き起こします。

歯周病菌の多くは、嫌気性細菌といって、空気に触れないところが大好きな細菌です。そのため、歯周病菌は、空気に触れない歯と歯ぐきのすきまに入り込み、炎症を 引き起こしながら、どんどん歯の根へと向かって行きます。歯の根に向かった歯周病菌は、最終的に歯槽骨(アゴの骨)までたどり着き、骨を溶かし、結果歯が抜けてしまう原因となります。

Q、歯周病はどうすれば予防できますか?

A、歯周病予防の第一にすることは、歯みがきで歯垢を取り除くことです。
特に、歯と歯ぐきの境目をていねいに磨くことが大切です。軽い歯周病ならば、これだけで治ります。また、歯みがきと同時に、歯ぐきをマッサージすると、さらに予防効果が高まります。歯みがきにはコツがあるので、来院時にスタッフへお気軽におたずねください。

Q、歯周病の治療はどのように行われますか?

A、歯周病になってしまった場合、症状がどこまで進んでいるかによって、治療法も変わってきます。例として、主な治療法をあげると、
【かみ合わせの調整】【歯をつなげて固定】【抜歯】【歯周外科手術】 
などがあります。


ご予約・お問い合せ 0120-418-409


TOPへ

診察案内



蓮田市歯医者 のくぼ太陽歯科医院

〒349-0115
埼玉県蓮田市蓮田1-3
⇒地図はこちら

診療時間
AM 9:30 〜 13:00
PM 14:30 〜 19:00
(土曜日18:00まで)

日曜・木曜・祝日休診


院長紹介

蓮田市 歯医者 のくぼ太陽歯科医院

ドックベストセメント治療認定医
院長 野中公人

出身地:高知県高知市
血液型:A型
趣 味:登山、ツーリング、海

野中院長からのメッセージ

蓮田市のくぼ太陽歯科医院ブログ



のくぼ太陽歯科医院(矯正 インプラント)には さいたま市 白岡町 伊奈町 久喜市 桶川市 菖蒲町 からも患者様がいらっしゃっています。

HOME - 医院案内 - スタッフ紹介 - 患者様の声 - 交通アクセス - お問い合せ - リンク

治療のながれ - インプラント - 矯正歯科 - 入れ歯 - 歯周病治療 - クリーニング- 高周波治療 - 料金体制 - サイトマップ